多くの準備が必要|注目されている小規模保育事業|保育事業に貢献できる

注目されている小規模保育事業|保育事業に貢献できる

ウーマン

多くの準備が必要

バリスタ

店舗のこと

カフェを開業する人は多く、特に女性オーナーが多いようです。年齢も20代から50代と各世代で開業してオーナーになっており、各年代のオーナーでカフェのコンセプトや提供するメニューなど違っていて、それぞれのこだわりがお店に出ています。カフェをオープンするにあたって、まず重要なのはコンセプトを設定することです。コンセプトとはどの年代のどんな人に来て欲しいかを明確にしておくことで、これはカフェ開業の際もっとも重要なことです。なぜならまずコンセプトを決めた上で、お店を出す場所選び、場所にあった内装などを決めていくからです。例えば、ゆっくりとした空間で落ち着いた年代の人にゆっくりコーヒーを楽しんでもらいたいなら、学生街などは避けるべきです。

手助け

このようにカフェ開業は、まずコンセプトを設定してそれにあった場所や内装を決めていくべきです。カフェを開業したいと考えている人たちに多いのは、店の雰囲気や内装、メニューなどは自分の足で多くのカフェを見て回っているので、自分の中で固まっています。ただ、どうしても店そのものに考えが偏っていて、明確なコンセプトが無いケースも多いのです。このような場合、第三者の意見を聞いてみると良いでしょう。たとえばカフェや飲食店開業を手助けしている専門のコンサルタントもいれば、飲食店の店舗設計をメインにしている会社もあります。他にも営業許可申請などの手続きを請け負うと共に、あわせて開業支援している行政書士もいます。カフェ開業の意思と店の構想などが決まったら、一度第三者に相談してからでも遅くはありません。